白い外壁にブラウンの外壁とバルコニーがアクセントのW様邸。
大きな株立ちのシンボルツリーが印象的なエクステリアになりました。


リビングの窓の外には、アオダモの木陰が涼しげな広々としたタイルテラスを施工。
テラス屋根をお付けしていますので、天候が悪い時でも家事や作業ができます。
また、タイルからの反射光など、室内への日差しも軽減できます。

木陰のあるくつろぎのテラス

テラスの下はこのような雰囲気です。南からの日差しが強かったため、屋根材には遮光タイプを使用いたしました。


ファサードと調和するアプローチ

アプローチには、涼しげなブルーの方形自然石と、ブラウンのレンガを交互に配置。
目地にはイエローの砂利とタマリュウを入れています。


自然石はブルーとイエローの独特な色合いです。雨に濡れるとまた違った表情が楽しめるのが、自然石の良いところです。

門柱にはポスト、表札を取り付けています。
表札はアンティークな質感の板にクリアプレートを載せたモダンなタイプ。
門柱本体はホワイトをベースに、アクセントとしてブラウンの割肌ボーダータイルを貼り付け、住宅のカラーと合わせました。
シンボルツリーの足元には、ボリュームのある植え込みで自然な雰囲気を演出しています。グレーの自然石で縁取りをし、苔を敷き詰めて築山のように高さを付けました。
斑入りのアオキやアメリカイワナンテン等葉色の明るい斑入りを多く植栽して、明るい印象になっています。
すっきりとしたデザインのカーポート。車は2台分置けます。
また、自転車やバイクなどを置けるように、奥にも屋根を延長しています。


シンプルながらディティールに個性のある素材を使用し、洗練されたモダンな印象のエクステリアになりました。