自然な印象のロックガーデン風植栽
佐賀市にある福祉施設の敷地内で植栽スペースをお造りしました。
車の出入りも多く、アスファルトで覆われているところがほとんどですが、舗装だけの空間はどこか物足りない印象です。
そこで今回は、車の動線が届かない空いた境界側のスペースに注目。大きく分けて2ヶ所に、広々としたボリュームのある植栽スペースを施工いたしました。


もう片方のスペースがこちらです。イエローの化粧砂利をベースに、それぞれ個性の異なる高木を配置。その足元には、築山のような自然な曲線で植え込みを作り、ロックガーデン風にいたしました。


明るい植栽を多く取り入れて爽やかな雰囲気に
高木にはシマトネリコや斑入りのネズミモチ等、葉色が明るく爽やかなシルエットの品種を使用しています。

ロックガーデン風の足元です。こちらの自然石は、溶岩のような暗めの岩肌でワイルドな印象。明るいイエローの化粧砂利との相性も良い石材です。
岩の間からヤブランやアベリアなどの植栽をのぞかせ、自然な雰囲気に仕上げました。